Page Top

直腸肛門外科

  • 診療内容
  • 取り扱っている主な疾患
  • 症例数
  • 手術実績
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

直腸肛門外来では、肛門にできる病気(いぼ痔や切れ痔など)、排便にかかわる問題(便秘や便失禁)を専門に診療する外来です。

肛門疾患に対しては、豊富な経験とMRIや3D肛門管超音波機器を使用しての的確な診断と患者さまのニーズにあった治療法を提示していくことを心がけています。

便秘や便失禁について専門で扱っているクリニックは少ないと思います。当外来では、専門の大腸肛門機能検査が行うことができ、原因に合わせた治療を選べる事ができます。また、クリニックには管理栄養士がおり、ライフスタイルに合わせて便通をよくする食事指導を受ける事ができます。また、骨盤底筋トレーニング専門の理学療法士の外来もあり産後などの便漏れの原因となる肛門括約筋筋力低下に対する筋力強化訓練を受けることもできます。

最近は産後に肛門疾患で悩んだり、便の我慢がききづらくなったなどのトラブルを抱える女性を多く見かけます。とくに便漏れについては、骨盤底筋トレーニングや括約筋形成術、仙骨神経刺激療法など多彩な治療方法を選択でき、婦人科や形成外科、ウロギネ科(尿失禁や骨盤臓器脱を扱う)と協力して治療を行える体制ができています。

毎週金曜日に「女性のためのこう門・おつうじ外来」を開いています。
これは女性の方に気兼ねなく相談に来ていただきたく考えました。待合室は女性専用ブースを用意していますので男性の目を気にする必要はありません。診察を担当させていただくのは日本大腸肛門病学会の指導医の資格をもつ女性医師です。女性同士ですので安心して悩みを話していただければと思っております。

手術が必要になった場合は、本院である亀田総合病院(鴨川)に入院となりますが、できるだけ短期の入院期間に努めます。また、本院とカルテは共有していますので、手術に必要な検査は京橋クリニックで行うことができ、鴨川へは入院のときのみの来院で済みます。入院のお部屋(個室)は、眺めの良いホテルのようなリラックスできる部屋ですので、ちょっとした旅行気分で手術を受ける事ができます。退院後の診療はもちろん京橋クリニックでうけることが可能です。