ページの先頭です

脊椎脊髄外科の紹介

2014/4/15

皆さん、『脊椎脊髄外科』ってご存じですか? 「もちろん、知っているよ!」
-ありがとうございます、嬉しいですね。
 では「脊椎と脊髄」の違いは分かりますか? 「う~ん、脊椎って背骨(せぼね)のことでしょ?」
-よくご存知ですね。


「脊椎」というのは、背骨そのもの、硬い骨のことを指しています。身長により個人差はありますが、頚椎から骨盤まで60CM近くもあるんですよ。
そしてこの背骨の中に太い神経が通っています。太いと言っても皆さんの親指くらいの太さでしょうか。この神経を「脊髄」と呼んでいます。
背骨や神経が傷むといろいろな症状が起こります。皆さんの周りに「手がしびれる」「ボタンが留めにくい」「最近つまずきやすくなった」なんて言っている人はいませんか?
これは脊髄の一部、「頚髄(けいずい)」が障害されたときによく起こる症状です。「ひどい腰痛がある」「座骨神経痛で歩くこともできない」「歩くと足がしびれてくる」なんていう症状は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など腰椎の病気の典型的な症状です。

今回はこの「脊椎と脊髄」のお話です。

「脊椎脊髄外科」の紹介

私たちは「脊椎脊髄疾患」を専門的に診断し、その外科治療(手術)を担当しています。2006年7月に「しびれ外来」を開設、2007年4月に単独診療科として「脊椎脊髄外科」を新設しました。
私たちが亀田総合病院で診療を始めてからすでに8年がたちました。開業医の先生方からの紹介、患者さまの口コミによる紹介も多く、おかげさまで手術の件数は年々増加しています。
脊椎脊髄外科新設からの手術総数は2,000件を超え、昨年は年間378件の手術を担当させていただきました。
背骨や神経の病気がご心配な方は、私たちがお役に立てるかもしれません。

  • 私たちの扱っている主な疾患

「いっぱいあるんですね!」
-実はまだまだい~っぱいあるんですよ。

皆さんに「背骨と神経」の病気について理解していただくために、今月から「ちょっとためになる背骨と神経の話」を連載します。背骨や神経に関する蘊蓄(うんちく)や興味深いエピソードを交えながら、分かりやすくお話ししますので楽しみにしてください。

この連載を読めば、皆さんも背骨通になれるかもしれません。でも、神経痛にはならないように気をつけてくださいね。

脊椎外科手術件数の推移
京橋クリニックでは診察を行い、手術の必要な場合は鴨川の本院(亀田総合病院)で行います。

脊椎脊髄外科部長 久保田 基夫

背骨の仕組みと働き

詳細を見る

しびれは神経の悲鳴!

詳細を見る

椎間板ヘルニア

詳細を見る

腰部脊柱管狭窄症

詳細を見る

腰椎すべり症と変性側弯症

詳細を見る

骨粗しょう症と椎体圧迫骨折

詳細を見る

魔女の一撃!(腰痛の話その1)

詳細を見る

腰痛との正しいつきあい方(腰痛の話その2)

詳細を見る

頚椎の仕組みと働き

詳細を見る

頚椎症性脊髄症

詳細を見る

頚椎椎間板ヘルニア

詳細を見る

後縦靱帯骨化症、黄色靱帯骨化症

詳細を見る

脊椎・脊髄に関連した歴史 (コーヒーブレイク)

詳細を見る

脊椎脊髄腫瘍の話

詳細を見る

キアリ奇形と脊髄空洞症について

詳細を見る

背骨のケガ(脊椎脊髄損傷)について

詳細を見る

(最終回)エピローグ

詳細を見る
  1. HOME
  2. 初めての方へ
  3. 話題の治療
  4. 脊椎脊髄外科の紹介